登山靴ネット- 登山靴なら何でもこい!

このブログでは登山靴の効用、選び方、各メーカーの登山靴を一同に集めております。
メレル カメレオン ザンバラン ダナー リマー ブーツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

登山靴とは

登山靴は、読んで字のごとく登山専用の靴です。低山であれば普通の運動靴でも大丈夫なこともありますが、登山靴は登山専用だけに、様々な効用があります。足場の悪い道を歩いても足をくじいたりぐねったりしにくい作りになっていたり、濡れた岩の上を歩いても滑りにくくなっていたり、雨の日でも水が浸みないようになっていたりします。ですので、やはり山に登るときは普通の靴よりも登山靴の方が楽で安全ということです。
スポンサーサイト

軽登山靴と重登山靴

登山靴は、大別するとハイキングシューズ(トレッキングシューズ/軽登山靴)とアルパインシューズ(重登山靴)に分類できると思います。重登山靴は一般に軽登山靴に比べて高さがあり、足首もしっかり保護します。雪山とか重い荷物を背負っての山行でない限り、基本的にはハイキングシューズで充分だと思います。北アルプスや南アルプスでも、夏山である限りはこれでOKです。

登山靴の材質

登山靴を材質で大別すると、布製、ゴアテックス(その他の新素材)製、革製のもの等に分けられます。布製のものは安くて軽く、ムレにくいです。他方、革製は重くて高価ですが、足の保護や防水性という点では優れており、またぬかるみや雪道等でも歩きやすいです。それらの点を考え、登る山に応じて履きわければ良いと思います。また、最近はゴアテックス等の新素材の登山靴も登場してきました。これらは革製と同じくらい丈夫で耐水性を備えていて、なおかつ軽いのが特徴で、私はこの手がオススメだと思います。ただ、値段は革製と同じくらいします。商品名にGTX等と書いてある場合はゴアテックスです。

いずれの登山靴も靴底はゴムとかポリウレタン等でできています。これは2年程度で定期的に張替えるべきです。これを怠ると滑りやすくなり、岩の上等で滑って転んで大怪我をする危険性もあります。

登山靴を選ぶ場合の注意点

一般に靴を選ぶ場合は当たり前ですが、やはり自分で履いてみないといけません。書いてあるサイズはアテになりません。特に海外モノは日本と尺度が違う場合もあります。それから、登山靴の場合、厚手の靴下を履きますので、登山靴のサイズも少し大きめを選ぶことになります。購入の際に登山用の靴下を持っていって試す際に一緒に履くのがベストです。2つのサイズで迷った場合は、大きい方を買っておいた方が調節が聞きやすいと思います。
サイズだけでなく、履いてみてあたるところがないかも念入りに確認しましょう。山歩きは長丁場ですから、ちょっとした圧迫がボディブローのように効いてきますよ。
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。